よくあるお問合せ

Q&A用上部画像

Q. いくら位の物件が購入できるかわからない。相談に乗ってもらえますか?
A.毎月のご返済額やご収入、また、ご家族構成、ライフプランなどお客様に合ったご予算をご提案致します。
多数の金融機関と提携しておりますので、お客様に一番合った金融機関、商品をご提案致します。

Q.自己資金がほとんどない場合、または使いたくない場合は?
A.諸費用ローンを利用するという形があります。金融機関によって様々なのでお気軽にご相談下さい

Q.購入から入居まではどのぐらいの期間が必要ですか?
A.通常、購入申し込みをしてから1週間以内で契約をします。
その後、ローンの手続きや引渡しの準備など約1ヶ月程で引渡しに至ります。
詳しくは、「購入までの流れ」をご参照ください。

Q.所有者の方が住んでいる物件でも内覧は出来ますか?また見にくかったりしないのですか?
A.所有者の方が居住中であっても、ご案内に問題はありません。
しかし、原則としてお家の方がいらっしゃる時に限られますので、両者の時間の都合などを前もって調整しておく必要があります。
空き家と違って実際に生活されている空間ですので、当然、家具や物が置いてあり、間取り自体がはっきり見えてこないデメリットもありますが、実際に自分たちが住んで家具などを置いたときの広さや生活イメージがつかみやすく、逆にメリットになる点もございます。

Q.賃貸と持ち家、どっちが良いか迷っています。
A.賃貸の気軽さのメリットはありますが、家賃はいくら払い続けても自分の物にはなりません。
今の不景気な世の中に、住宅ローンを抱えることに不安を抱かれるお気持ちはよくわかりますが、持ち家であれば、いざという時に売却する事ができます。
売る時に不利にならない物件を探す事が買う時に最も重要なポイントといえるでしょう。

Q.仲介手数料はいくらですか?
A.宅地建物取引業法により、仲介手数料(媒介手数料)は上限が定められています。
物件価格(税抜)が400万円超の場合 ⇒ 物件価格(税抜)×3%+6万円+消費税の仲介手数料をお支払いいただきます。
売買契約が成立した時に、不動産会社への仲介手数料を支払います。そのため、売買契約が成立するまでは原則として、仲介手数料を支払う必要はありません。

Q.中古マンションを購入したいのですが、チェックポイントを教えてください。
A.築年数、施工業者、管理状況をチェックした方がよいでしょう。
「マンションは管理で買え」といわれるほどで、管理組合がしっかりしていないと、後々必要になってくる大規模修繕などの際に、費用の負担等が大きくなる場合があります。

Q.購入までに何件くらい物件を見る必要があるのでしょうか?
A.お客さまによって異なりますので、一概に「○件」とは言えません。1件目で購入を決断されるお客さまもいらっしゃれば、数多く見学されるお客さまもいらっしゃいます。
一般的には4件~8件程見て購入する方が多いです。
数多くの物件を見ることが、良い買い物をするために必要と考えているお客さまもいらっしゃると思います。
しかし、予算がある以上すべての条件を満たす物件はないのが現状です。
どの物件にもメリット・デメリットが存在します。大事なのは、購入するための判断基準をしっかり持ったうえで、物件を見ることです。

Q.不動産購入時の諸費用はどのくらいかかりますか?
A.大まかに税金とその他の費用に分けられます。契約時に必要な印紙代をはじめ、登録免許税、不動産取得税などが課税されます。
その他、仲介手数料や司法書士に支払う手数料がかかります。物件により様々ですが、中古マンションの場合、諸費用は購入価格の6~9%ぐらいが目安になります。

Q.中古住宅を購入した場合、手付金はどの程度必要ですか?
A.お客さまの自己資金(預貯金等から支払える資金)から、税金や諸経費を差し引いて使えるお金が手付金となります。
その割合は、購入価格の10~20%が一般的といわれていますが、手付金の金額について、原則として上限はなく、売主と買主が合意した金額を売買契約において定めることになります。
少額であっても、ご購入できるよう交渉を行いますので、ご相談下さい。

Q.最近転職をしました。住宅ローンの利用は出来ないのでしょうか?
A.金融機関によって審査の基準は異なります。一般的に、勤続年数3年以上からが借りられる目安と言われていますが、それより短い年数でも借りられる場合もあります。
中には、勤続1年未満の方でも融資に応じてもらえる金融機関もございます。
住宅ローンについては、金融機関に事前に相談を行うことができますので、弊社担当者にお気軽にお声かけください。

Q.同時に複数の不動産会社に物件紹介の依頼をしてもいいのでしょうか?
A.複数の不動産会社で物件をお探しすることは特に問題はありませんが、各不動産会社は、不動産業者専門の不動産流通サイト「レインズ」を利用して、物件情報を登録し情報共有をしています。スーモやYahoo!不動産など他社で広告されている物件でも、ご紹介できる場合が殆どです。
なお、多くの不動産会社にお問い合わせをすると、その後の対応など不動産会社とのやりとりが大変になることも予想されますので、お客さまが安心して相談できる不動産会社や営業担当者を決められるのが良いかと思われます。

Q.ウイングコーポレーションとウイングコーポレーションネット事業部の違いはなんですか?
A.ウイングコーポレーションは、自社の売主物件を販売するだけですので、言ってみれば物品販売業に近いと思います。
ウイングコーポレーションネット事業部は、お客様の住宅購入・売却に関するお手伝いをさせて頂き、手数料を頂くサービス業になります。
ウイングコーポレーションネット事業部においても、自社売主物件を販売させて頂く事も御座いますが、その際は当然手数料は無料です。しかし、手数料を頂戴するお客様と同じように、御満足頂くサービスをご提供させて頂きますのでご安心下さい。